さやなかなるときをここで...

Stanley Clarke Trio

スタンリー・クラーク(Bass)
レニー・ホワイト(Drums)
上原 ひろみ(Piano)

スタンリー・クラークが好き。
彼のウッドベースをいとも容易くエレキベースのごとく演奏する姿は、鬼神のよう。スラップは、弾丸が飛んでくるような迫力。
彼とともに、RTFのリズムを支えたレニー・ホワイトのドラムも安定していて観ていて楽しい。

上原ひろみは、ほんと自由に気持ちよく演奏してました。
去年観たソロの時とは違う、楽しさを彼女のピアノから感じた。

「さくら」のJazzアレンジは気持ちよく、RTFのNO MYSTERYではそれぞれのソロが圧巻。

いや、ホントに楽しかった!!

MU

蛇足:
Jazzなんだから、アーティストがComeOnしないかぎり、曲中の手拍子やめようよ。左右からずれた手拍子聞こえてくるのはたまらなく気持ちが悪い。
せっかくの繊細なリズムの変化が阻害される。ちょっと残念。
大半の人は、その手拍子にのらなかったから、後半はほとんど聞こえなくなったけどね。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。