さやなかなるときをここで...

降りそそぐ百万粒の雨さえも

演劇集団キャラメルボックス 2011サマーツアー

時は、幕末。江戸に戻った新撰組。
沖田は、労咳の治療に。土方は、新撰組を江戸で再編すべく・・・

幕末というトキを駆け抜け、愚直に散っていく男達の物語。

もうね、殺陣が綺麗。
前から3列目で見てたんだけど、刀が空を切る音が聞こえるくらいの迫力。
最後の殺陣のシーンなんて、ほんと涙がとめどもなく溢れる。

その時代に生きている人達は、未来なんてどうなるかわからないんだよね。だから、自分と周りの人達のためにこそ生きてる。

正義なんて後からついてくるもの。大きな思想も、まずは身近なところからなんだよね。

摩耶さんの着物姿は、あいかわらず綺麗でしたよ。

サンシャイン劇場

8月25日に観てきました。

新神戸オリエンタル劇場

9月16日に観てきました。
お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。