さやなかなるときをここで...

盤上の敵

著:北村薫

珍しく雑誌連載時に読んだ作品。世間の評は、やはり北村作品にしては異色ということになるのだろう。しかし、読んでいるとき、読んだ後、どちらにしてもそんなに言われているほど、違和感はなかった。連載時には味わえなかったスピード感が嬉しかった。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。