さやなかなるときをここで...

アイ・アム I am.

著:菅 浩江

過去に本を読んでいて、涙腺がゆるみ、文字がにじんで見えた経験は何度かある。久し振りにそれを体験した。振り返ってみると本当に久し振りだ。
 まだ自分の中に、そうやって本を読める部分があることを嬉しく思う。最近はどうしても色々な情報や経験から素直に本を読めなくなっている傾向があるのは確かだ。楽しみ方の変化といってしまえばそれで片づいてしまう事なのかもしれないが・・・

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。