さやなかなるときをここで...

第22回公開セミナー「天文学の最前線」新時代の技術で挑む宇宙の謎

8月19日 名古屋大学 坂田・平田ホール

「ガンマ線で探る高エネルギーの宇宙」田島 宏康(名古屋大学)
「X線衛星 ASTRO-H で探る激動の宇宙」田原 讓(名古屋大学)
「宇宙冷却赤外線望遠鏡で挑む宇宙の物質輪廻”あかり”から SPICA へ」金田 英宏(名古屋大学)
「ジオスペース探査衛星ERGで探るヴァン・アレン帯の謎」三好 由純(名古屋大学)

8月20日 名古屋市科学館
サイエンスホール

「もっと広く、もっと深く:電波観測の最前線」福井 康雄(名古屋大学)
「宇宙暗黒時代:SKA が拓く宇宙の夜明け」竹内 努(名古屋大学)
「計算機の中の星 --大規模数値実験で天体現象を理解する--」鈴木 健(名古屋大学)
「奇妙な宇宙:我々は宇宙の全体像を理解できるか?」松原 隆彦(名古屋大学)

ブラザーアース(プラネタリウム)
「プラネタリウムと展示室で見る宇宙の謎」毛利 勝廣(名古屋市科学館)

8月21日 名古屋大学 野依記念学術交流館
体験型研究室紹介

今年の講師は科学館の毛利さんを除けばすべて名大の先生方。
原点回帰と、あらためて「宇宙を見る」方法について日々発達する技術を用いて全波長域での講演。

それぞれの波長での向き不向きと何を見るのか。
同じ場所をみても見えるモノは違う。
可視光で見えている帯域なんてほんの極わずか。それに一喜一憂できるのだから、もっと広い範囲で見えるコトの本質は、ひとつひとつに驚く。

福井先生のお話では(前日に研究室にお邪魔してお話をすこしうかがったのだか)これから論文になろうという事柄にも触れられて、最前線どころか、もっとワクワクするような事柄にも触れられた。

*ガンマ線の田島先生の講演の中で、「放射性物質除去への活用」ということで、ガンマ線観測機でガンマ線を可視化して除染に役立てようということにも触れられました。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。