さやなかなるときをここで...

Stanley Clarke

於:BlueNoteNagoya

昨日が今年の室内楽ラストなら、
今日は今年のライブラスト。

スタンリー・クラーク(b)
クリスチャン・ガルベス(b)
ラスラン・シロタ(key)
ロナルド・ブルーナー・ジュニア(ds)


Bassの魔術師。
ウッドベースをエレキベースのごとく軽々あつかい。
エレキベースでエレキギター以上のパフォーマンスをする。
メロディを奏でるベースの美しさを荒々しさを気持ちよくみせつけてくれた。
正直彼の演奏を日本で聴く事ができるとは思ってなかった。
渡米しないと無理なんだろうなと漠然と思っていた。
だから、ほんとうにうれしいくて楽しい、宝物のような一日。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。