さやなかなるときをここで...

ブラフマンの埋葬

著:小川 洋子

未知の生物(四肢はあり、しっぽもある、毛で覆われ、水かきがある)と僕の出会いから別れまでの物語。

優雅な暖かい光が常に物語を照らしている。
風景が綺麗に浮かび上がる瞬間が何とも言えない。

秩序を狂わせるのは別の秩序。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。