さやなかなるときをここで...

ミハスの落日

著:貫井 徳郎

世界の5つの街が舞台。
貫井作品は長編になるとひたすら重くなっていくので、軽く読めるけど驚きもふんだんにある短編集もたまにはいいね。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。