さやなかなるときをここで...

夜想

著:貫井 徳郎

ラストで途中までの自分のいらだちがわかった。
いっこうに増さないページをめくる加速度。
貫井作品で初の挫折か・・・と・・・とある登場人物にあまりにも感情移入しすぎてたっぽい。

自分の中の「強者と弱者の理論」のいきついた結論とあまりにもシンクロしていて、多分それを読みながら薄々感じていたんだろうね。
タイトルの意味は素敵。

「救い」ってなんなんだろうね。って改めて突きつけてくれました。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。