さやなかなるときをここで...

女王国の城

著:有栖川 有栖

15年ぶりの江神シリーズ。もう読むことは出来ないと思っていた、このシリーズ。
文体も若き日の有栖川有栖に戻ったような錯覚におちいる。時代背景もそうだがタイムスリップした感覚。

ミステリの読み手として熟練してしまったのが、ちょっと悲しい。
ある程度、伏線がわかるんだよね・・・それを全部収束させるのは流石なんだけど。

以前、ミステリの集まりで有栖川さんとお話ししたときに、10年くらいはかかるでしょうって冗談交じりにお話しされたのを思いだした・・まぁ予告通りですね。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。