さやなかなるときをここで...

のだめカンタービレ最終楽章 前編

序曲「1812年」
想い出の曲なんだよね。
ほんの些細な出会いだったけど、幼心にオーケストラって凄いって響かせた曲。
お話とは関係なく、なんだか涙がね。

「のだめ」は映画でもやっぱり「のだめ」だね。
漫画よんでも、ドラマ観ても、アニメ観ても、映画観ても、初心にかえりなさいって言われつづけてるよう。
ピアノが楽しく弾きたくなる。
SAXで楽しく合奏したくなる。

ただ、やっぱりドラマの続きの映画って感じは否めないよね。
4月中旬から後編。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。