さやなかなるときをここで...

トーマス・フリードマンについて一言