さやなかなるときをここで...

有栖川 有栖について一言

女王国の城

著:有栖川 有栖

15年ぶりの江神シリーズ。もう読むことは出来ないと思っていた、このシリーズ。
文体も若き日の有栖川有栖に戻ったような錯覚におちいる。時代背景もそうだがタイムスリップした感覚。...

朱色の研究

著:有栖川 有栖

『殉教カテリナ車輪』の後書きを読み、『朱色の研究』が未読だと思い出した。プロローグに妙な違和感を覚えて、読まずにほったらかしにしていたことをとても後悔した。
あえて「今」読...