さやなかなるときをここで...

笠井 潔について一言

熾天使の夏

『矢吹駆誕生の謎に迫る笠井潔の処女長編小説』とあるように。
『バイバイ、エンジェル』、『サマー・アポカリプス』、『薔薇の女―ベランジュ家殺人事件』、『哲学者の密室』と続いていく矢吹駆シリーズの0作目...

天啓の宴

著:笠井 潔

眩暈くらくら、一気に読まないと破綻してしまいそうでした。

竹本健治の「ウロボロスの偽書」への応答として書かれた、メタミステリ。
読む人を選ぶ作品なんだろうね、ハードカバーが...