さやなかなるときをここで...

講談社文庫について一言

赤い夢の迷宮

ジュヴナイルミステリの「はやみねかおる」のミステリー。
ダークミステリーと名打って漢字表記の「勇嶺 薫」で綴られるが、ジュヴナイルとの比較してそういう表現になったのだろうなと思いながら読み始める。...

ファンレター

先日の摩耶さんの朗読劇「ファンレターズ」を聞いて。途中で「折原一的倒錯」みたいな思考に紛れた瞬間があって、しばらくしてからそういえば、折原さんってファンレターって文庫があったなぁと思い、読みかけの東野...

ブラフマンの埋葬

著:小川 洋子

未知の生物(四肢はあり、しっぽもある、毛で覆われ、水かきがある)と僕の出会いから別れまでの物語。

優雅な暖かい光が常に物語を照らしている。
風景が綺麗に浮かび上がる瞬間が...

盤上の敵

著:北村薫

珍しく雑誌連載時に読んだ作品。世間の評は、やはり北村作品にしては異色ということになるのだろう。しかし、読んでいるとき、読んだ後、どちらにしてもそんなに言われているほど、違和感はなかっ...