さやなかなるときをここで...

想い出は流れるまま〜交差点

 絶叫する候補者。取り囲む通行人。国政選挙日一週間前の駅前交差点は、関心というピントのずれた風景写真と無関心というケースに入ったままのフィルムのごとく私には不必要なものだらけ。
「こんなところにいると心が痛む」
 隣からそんな言葉が聞こえた気がする。それは、過去からの言葉。

 あの時も、同じ場所。テレビ番組のロケで季節を先取りした夏の格好をした有名人がカメラに向かって作り笑顔の連発。それを取り囲む通行人は増える一方。私たちは、否応もなく有名人を取り囲もうとしている通行人に取り囲まれて身動きがとりづらくなっていた。
 そんな時に隣にいた彼がぽつりと言った言葉。
 そう言うと私の手を握り、「誰なの」と疑問符を投げかける中年女性の脇を抜け、インスタントカメラを鞄から出そうとしている制服の高校生カップルをよけ、蟻地獄のような交差点から無理矢理脱出した。
「これは、まずいよね」
 交差点のを渡り、直角に方向を変え、やっと止まった彼は、握った手を見て微笑み手の力を抜いた。私は、何も言えないまま放された手を重力に任した。中途半端なぎこちない笑顔を作っているであろう自分の顔が、脈拍が早くなっている事を一生懸命隠そうとしている自分が、恨めしかった。彼が力を抜いた瞬間、握り返す勇気は私の中にはなかった。休日出勤の昼休憩の時間をうまくあわせて、昼食を一緒にと誘われるのを待つのが精一杯の勇気。
「会社を辞めて、独立する」
 彼がそう言ったとき、何を話しているのか理解できなかった。瞬間、飲んでいたコーヒーの味が無くなった。社長には応援してもらえる事が決まったと、同僚には初めて話すと、今の仕事を続けていきたいから、もっと追求したいから、目を輝かせながら沢山の言葉を重ねていたけど私には会社を辞めるという言葉を理解するので精一杯だった。
「写真を撮ってほしい」
 彼が私の趣味を知っていたのは驚いた。今の自分の姿を残したいと言った。私は、カラーは苦手だと言うと逆にモノクロームの方がいいと言った。どうして私なのという疑問は、言い出せないまま嬉しさでかき消された。
 早朝の公園は人もまばらで、過ぎ去る風も季節の割には重くない。ファインダーを通して初めて彼の顔を正視できた。私の唯一の武器。カメラを構えた時だけは不安を抱く事はなかった。
 公園から会社に行く途中であの交差点を通る。交差点で信号待ちをする彼の後ろ姿をどうしても撮りたくなって、一枚だけわがままを言う事ができた。 彼にとっては私の居る職場への最後の出勤だった。

 ふと、あの時の彼の手の感覚がよみがえる。時の流れに逆らうその感覚は、忘れかけていた握り返せなかった頃の淡い想いとファインダー越しでしか伝えられれなかった勇気をもよみがえらせる。
 青信号は残酷だ、否が応でも人の流れが自分を押しとどめる事を許さない。流れる人波に埋没するように私は今に想いをはせる。