さやなかなるときをここで...

虹の家のアリス

著:加納朋子

連載やアンソロジーで所々読んでいた作品。全体通して読むとやはり新たな感動が沢山生まれる。やっぱり本にまとまるのを待ったほうがいいのかな。
加納朋子の世界がやっぱり好きなんだって実感させられる作品。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。