さやなかなるときをここで...

絶海ジェイル Kの悲劇 '94

著:古野まほろ

密室からの脱出ゲーム。
トリック満載な、過去(ご先祖)との対話。

僕があらすじを書くと、失笑を買うのかもしれない。
それくらいギリギリの所で成立している物語。

ルールに殉じるがゆえの悲劇か。

この物語を支えるのもやはり緻密な論理。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。