さやなかなるときをここで...

凍てつく風の光

うっすらと白く雪化粧。
空は青いが耳は痛い。

夏の直線的な眩しさよりも、雪や雪の溶けた水が乱反射して作る包み込むような眩しさが好き。

いつもより透明度を増した空気は、光の乱舞の援護射撃。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。