さやなかなるときをここで...

センティメンタル・ブルー 蒼の四つの冒険

著:篠田 真由美

再読のはず。
有栖川有栖、法月綸太郎、二階堂黎人との共著のアンソロジー『「Y」の悲劇』におさめられている短編は確かに読んだ、が他の短編は読んだ記憶があやふや。読後感もわりとよく、蒼の成長が描かれている諸作品の印象がここまで薄いのかということに過去の自分に疑問符をなげかけたくもなったが、新鮮に読むことが出来たのでそれはよしとしよう。

お名前:
*画像の文字を半角で↓に入力してから投稿してください。