さやなかなるときをここで...

SFについて一言

誰に見しょとて

著:菅 浩江(早川書房)

化粧にまつわる、10編のSF短編集。
ほんの少し先の未来を見つつも、遙かなる過去からの「化粧」にまつわる著者の考察がしっかりと折り込まれる。

読み応えのある短編...

ハーモニー <harmony/>

著:伊藤 計劃(ハヤカワ文庫)

マークアップされたテキストで描かれる本作。
HTMLやXMLになじみがあれば、すんなりとそして位置づけも正しく理解できるんじゃないかな。そうでなくても、邪魔にな...

虐殺器官

著:伊藤 計劃(ハヤカワ文庫)

2009年3月20日に34歳で肺癌亡くなった、著者。
刊行の当時から気になっていたのだけど、同世代故、作者の背景を考えると冷静によめないと思っていて、やっと文庫...

おもいでエマノン

「数時間一緒にいても、数十年間一緒にいても、好きだったというおもいでは私にとってはおなじことなんだもの」

初めて読んだとき、この台詞に脳天直撃の衝撃を受けた。
当時「刹那的」とか「瞬間の恋」と...

そばかすのフィギュア

著:菅 浩江

ここ数年の雑踏から抜け出して、やっと前のように優しくなれてきた自分がいる。
そんな自分を後押ししてくれる作品群。
菅さんの初期のSF短編作品を8編収録した短編集。

表題作...

不確定世界の探偵物語

著:鏡 明

タイムマシンが、過去をかえることで次々と現在が変化していく。
歴史という言葉はすでにその世界にはないんだろう。
そんな世界の探偵物語。

電車の移動で少しずつ、読み返しながら...

アイ・アム I am.

著:菅 浩江

過去に本を読んでいて、涙腺がゆるみ、文字がにじんで見えた経験は何度かある。久し振りにそれを体験した。振り返ってみると本当に久し振りだ。
 まだ自分の中に、そうやって本を読める部...